目元の印象が変わる

カウンセリング

スッピンでも自信が持てる目元へ

現代では「二重まぶたで目が大きい」ということが美人と言われる条件の1つとなっていることもあり、一重まぶたや奥二重にコンプレックスを感じている人も少なくありません。アイテープやアイプチといったアイテムを駆使しメイクで二重まぶたを作ることも可能ですが、メイクを落とすと元の重苦しいまぶたに戻ってしまいます。面倒なアイテープやアイプチを使わずスッピン時でも、自信が持てる目元になりたいのであれば、銀座の美容整形外科クリニックで、二重形成術を受けてみてはいかがでしょう。埋没法と切開法という施術法が銀座エリアにある、美容整形外科クリニックで受けられる二重整形術の種類です。埋没法はメスを使わないプチ整形、切開法はメスを使う美容整形の1つで、どちらも術後はスッピンになっても綺麗な二重まぶたをキープすることができます。朝の忙しい時間帯にアイテープやアイプチで二重のラインを作るのは面倒と感じる人も多いですが、このような二重整形術を受けることでメイク時間を大幅に短縮することが可能です。さらにアイテープ・アイプチで二重のラインを作り続けると、まぶたの皮膚が伸びてたるみが生じやすくなりますが、二重整形術で二重にすれば、このようなリスクも軽減できます。

二重整形術は美容整形外科クリニックでは、最もポピュラーな美容整形と言える施術法で銀座にあるクリニックでも、希望する患者さんが多いようです。実は東京都内でも特に銀座は美容整形外科クリニックの激戦区として知られており、二重形成術を受けたやすいエリアとなっています。二重形成術は代表的な美容整形ということもあり、どのクリニックで施術を受けても仕上がりにほぼ差はないのではと、感じる人もいるかもしれません。とてもポピュラーな美容整形ではあるものの、目元は数ミリデザインが変わっただけでも見た目の印象が大きく変わるため、二重形成術を受ける際はクリニック選びを十分に行うことが必要です。クリニックを探す時に押さえたいポイントとして挙げられるのが、施術を行うドクターの技術や知識のレベルです。多くの患者さんに施術を提供し、なおかつ1人1人異なる患者さんの顔立ちに合わせてバランスの良い目元に仕上げるなど、技術・知識の高いドクターであれば安心して二重整形術を受けられます。技術や知識の高いドクターであれば口コミで人気が広がり、施術を希望する患者さんも多いので二重形成術の症例数がどのくらいあるかをチェックするのも準備として押さえておきたいポイントです。

Copyright© 2020 整形をするのなら基本的な情報や選定のコツなどを知っておこう All Rights Reserved.